9fvTIGU03oAU2qVTmoYysSf0SO75Lndgny93FPgb-_k
子どもの色々

子ども(小学生)の入院持ち物と事前確認事項

こんにちは。たからです。

先日子供が入院することになり、持ち物を準備をするのに結構悩みました。
旅行だとタオルや歯ブラシなどが備え付けてありますが
病院にはないですよね。

病室で「忘れ物した!」と、心配事を増やすのは嫌なので
素早く準備できるように、持ち物リストを作りました。

今回は短期入院だったので、最低限の持ち物です。


必要な持ち物

  1. すぐ取り出せるように手元のカバンに
    • 入院誓約書などの書類(事前にもらっている場合)
    • 診察券
    • 保険証や乳児医療証
    • おくすり手帳
    • ボールペンと印鑑
  2. 前開きパジャマ(2セット)

    点滴していたり、起き上がれないときは前開きが便利
  3. 下着類(シャツやパンツ)

    多めにあると安心。
  4. フェイスタオルやバスタオル

    フェイスタオルは3~4枚あればママも分も大丈夫。
    バスタオルはお風呂やシャワーの後の使用だけではなく、畳んで枕にすることも。
  5. ティッシュBOX

    ポケットティッシュでは足りません。1泊の入院でもあった方が◎
  6. ウェットティッシュ(アルコールタイプ)

    手拭きだけでなく、食事前後のテーブルを拭くのにも。 
  7. 歯ブラシセット
  8. 食事セット(箸、スプーン、フォーク)

    子どもが使いやすいサイズのものを。
  9. ドライヤー、ヘアブラシ、ヘアゴム

    ドライヤーは貸し出しがあるところも。髪が長い子はヘアゴムがあると
    食事や診察の時に髪をくくることができます。
  10. スリッパ

    トイレに行くとき、毎度靴を履くのは不便です。
  11. ビニール袋

    ゴミ袋にしたり、洗濯物を入れたり。
  12. 退院時の服

あれば便利なもの

  1. S字フック

    ビニール袋をかけてゴミ箱にしたり、手持ちのカバンをかけておくのに。
  2. 置き時計

    スマホでも時間の確認はできますが、パッと見で時間の確認が
    できて◎
    秒針の音がしないものがベスト。
  3. A4サイズの箱

    ティッシュBOX、ウェットティッシュ、食事セット等をまとめておくと
    散らかり防止&退院時の片づけが
    早い。
  4. 子供の暇つぶし

    回復してくると「暇~!」と言い出すので。本、お絵描きセット、
    塗り絵、小さいオモチャ等。
    switchや動画視聴は疲れやすいのでほどほどに。
  5. コップ

    飲み物は自販機で買えますが、病院によっては無料の白湯やお茶があるところも。

付き添いのママやパパはぜひ!

  1. 寝具

    病院での貸し出しの有無の確認。貸し出しが無いなら持参が必要。
  2. 充電器

    1泊の入院でもこれは必要!
  3. レンジでチンして食べられるご飯や缶詰など

    院内の売店や近くにコンビニがあっても、子どもの傍から離れられないこともあるので持参しておくと便利。
  4. 小さいエコバック

    売店にいくときに便利です。
  5. めがねやコンタクト用品
  6. 部屋着、洗面用具や化粧品

    付き添い者がシャワーやお風呂に入れるかどうかで変わってくると思います。
  7. コーヒーや紅茶、チョコやクッキーの嗜好品

    子どもが寝たとき、本やお絵描きに夢中なときに一息つきましょう。

家のこと、兄弟のこと

付き添うパパやママが普段の家事や子供のお世話をメインでしているなら、

★ゴミ出しの日
★他の兄弟の起床時間や登下校時間
★他の兄弟の習い事の出欠連絡や送迎
★最低限して欲しい家事

など、頼める家族がいるならお願いしましょう。

入院はしない方がいいけど

しなくていいなら、入院はしない方がいいですよね。
家で看病して治るなら家がいいです。

けど小さい子供だとインフルエンザとかの流行り病が悪化したりで
入院することもあるし、思わぬケガで入院ってこともあります。

そんな時に参考になれば幸いです。

最後に、私はテレビカードを機械に入れたままで帰ろうとして
看護師さんに呼び止められました。
清算をして数百円戻ってきました。

あの時の看護師さん!ありがとうございました!

ABOUT ME
たから
アラフォー 3児母です。 自慢できるスキルは何もないけど 仕事と家事と子育ては自分なりに頑張ってきました。 このブログで小さな発見と共感をお伝えできればと思います。